« FM千里 | トップページ | 今日の格言~その2 »

2010/01/11

橋口武史&國松竜次デュオリサイタル

2月13日(土)19時より福岡のあいれふホールで、橋口武史&國松竜次デュオリサイタルをします。

Hashiguchikunimatsu01

橋口さんは福岡在住で、国際フェスティバルに参加されるなど活躍されています。

実はもう10代の時から、日本のコンクール会場などで何度も会っている旧友で、その時から非常に良い演奏をする印象が残っております。

僕が帰国して1年目か2年目あたりに、大阪の茨木市のフェスティバルで久しぶりに会い、「是非一緒に演奏しよう」という話から、こうして実現することになりました。

僕自身、今回の二重奏をとても楽しみにしております。

以下、ご案内をさせて頂きます。

2010年2月13日(土)
橋口武史、國松竜次デュオリサイタル
会場:あいれふホール(福岡)
(地下鉄「赤坂駅」より徒歩4分)
開演:19:00時
チケット:前売\3000、当日\3500
Tel:092-512-1213(すたじおG)

あいれふホール住所、地図
http://fco.sakura.ne.jp/hallinfo/hl-airef.html

プログラムは以下の通りです。

◇國松竜次 ソロ

アラビア奇想曲 (F・タレガ)
グランドワルツ (F・タレガ)
チキリン・デ・バチン (A・ピアソラ~國松編)
悲しみの街 (國松竜次)

◇橋口武史 ソロ

幻想曲op.7 (F・ソル)
ギター讃歌 (E・S・デ・ラ・マーサ)

◇橋口武史&國松竜次 デュオ

ワルツ風の詩 (A・ピアソラ~國松編)
アルフレッド・ゴビの肖像 (A・ピアソラ~國松編)
夜の静寂-Ⅰ~Ⅶ (國松竜次)
3つの古風な舞曲-マズルカ、パバーナ、ポルカ (國松竜次)
粉屋の踊り (M・デ・ファリャ~M・リョベート編)
火祭りの踊り (M・デ・ファリャ~M・リョベート編)

僕のオリジナル2曲と編曲のピアソラ作品2曲は今回が初演になります。

リョベート編曲によるファリャの2曲は未出版作品で、恐らく日本初演になると思います。(もし違うという情報をお持ちの方は是非ご一報下さいsweat01

バルセロナで、リョベートの遺品を多数所有されているとある方から頂いた編曲者自筆譜のコピーを使用しますが、リョベートのアイデアが随所に盛り込まれており、また違ったイメージでこれらの作品をお聴き頂けると思います。

僕の作曲による2作品ですが、「夜の静寂」は静かで不思議なメロディや響きが和声的、対位法的に現れます。7つの小品がほとんど切れ目なく続いて行きます。

「3つの古風な舞曲」はそれぞれマズルカ、パバーナ、ポルカと西洋の古典舞曲の名を借りてますが、それらのイメージとはかけ離れたものになっており、「どこがマズルカ?どこがパバーナ?どこがポルカ?」という印象を持たれるかも知れません。時には12音技法のような響きが聴かれます。

以上のように盛りだくさんな内容です。

よろしければ是非聴きにいらして下さい!

|

« FM千里 | トップページ | 今日の格言~その2 »